トップページ > 治療費・料金 > 治療費・料金で医院を選ぶポイント

治療費・料金で医院を選ぶポイント

治療を受ける側にしてみれば、治療費は安いほうが良いような気がします。しかし、安すぎるところはあまりおすすめできません。クリニックによっては月5,000円程度と宣伝しているところもありますが、これは少し安すぎます。

薄毛治療に使われる医薬品にはプロペシアやミノキシジルなどがあります。1ヶ月分のプロペシアの仕入れ価格は大体4,500円ほどです。月5,000円程度ではプロペシアの薬代くらいにしかならないのです。専門の医師・看護士・スタッフの給料、クリニックの機材などを考えると5,000円程度では大赤字のはずです。このようなところは、通い始めると高額の治療が追加されたり、100万円以上もする植毛をすすめられたり、医療ローンを組まされることがあるようです。

薄毛治療は国民健康保険料がきかないので、どうしても料金は高くなります。

専門の医師が効果のある薬を使い、一人ひとりに最適な治療を行うことを考えると、1ヶ月あたりの治療費として3万円程度が適切であると考えます。これより安いと治療内容に不安がありますし、高いと長く治療を続けるのも大変になります。

今まで効果があるか分からない育毛剤に月額1万円以上かけていた方も多いと思います。それを考えれば3万円ほどで実績のある治療が受けられるのは妥当なのではないでしょうか。

また、治療費が明確で、追加の高額治療が発生しないクリニックがおすすめです。お金の不安があると、ストレスもたまるのでせっかくの治療が台無しですからね。

治療を受ける側にしてみれば、治療費は安いほうが良いような気がします。しかし、安すぎるところはあまりおすすめできません。クリニックによっては月5,000円程度と